5年ぶりV目前の巨人、アクシデント続く 菅野4回降板に続いて阿部が死球で退場

◇セ・リーグ 巨人―阪神(2019年9月15日 東京D)  巨人の阿部慎之助捕手(40)が阪神戦(東京D)の6回に右手指付近に死球を受け、即交代を余儀なくされるアクシデントに見舞われた。【写真】5回、投手交代を告げ厳しい表情でベンチに戻る原監督 「5番・一塁」で先発出場した阿部は3―4で迎えた6回1死一、二塁で入った第3打席で、この回からマウンドに上がった阪神の4番手左腕・岩崎が投じた1ボール1ストライクからの3球目、142キロ直球を右手の指付近に直接受けた。  その場に倒れた阿部はしばらくすると立ち上がったが、トレーナーに付き添われてベンチ裏へ。原監督は即座に「代走・吉川大」をコールした。この回、先頭の坂本勇が四球で歩き、続く丸は死球。阿部も死球で1死満塁となったが、ゲレーロ三振、田中俊が三ゴロに終わって得点はならなかった。  この試合で腰痛から復帰したエース菅野は4回で78球を投げ、6安打4失点で降板。阿部が離脱となればクライマックスシリーズにも影響する可能性があるだけに状態が心配される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)