2019年上半期の“アニメ流行語”といえば? 金賞に輝いたのは「かぐや様は告らせたい」の…?(アニメ!アニメ!) – グノシー

「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」(C)赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会  2019年上半期のアニメ関係の流行語を表彰する「アニメ流行語大賞2019上半期」を、WEBメディアの「ガジェット通信」が発表した。2,000名を超える一般投票によって、グランプリとなる金賞には『かぐや様は告らせたい』から四宮かぐやのセリフ「お可愛いこと」が選ばれた。 金賞に輝いた「お可愛いこと」は、9月に実写映画版の公開も決まっている『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』からの選出だ。TVアニメでは声優の古賀葵がこのセリフを聞かせてくれたが、実写映画版で四宮かぐやを演じる橋本環奈からもこのセリフが飛び出すようだ。 銀賞には、『鬼滅の刃』から「アァアアア年号がァ!!年号が変わっている!!」がランクインしている。ちょうど平成から令和への改元と同時期だっただけに、そのタイムリーさが入賞を後押ししたようだ。 銅賞の「ケムリクサァ!」は、『けものフレンズ』で話題となったたつき監督によるアニメ『ケムリクサ』の関連ワードだ。ナノによるオープニング内のカッコいい発音も、視聴者に大きな印象を残したのかもしれない。 このほかノミネート上位には、『けものフレンズ 2』の「おうちへおかえり」、『かぐや様は告らせたい』の「嘘である」と「藤原書記」、『魔法少女特殊戦あすか』の「マジカルスパンキング」、『世話やきキツネの仙狐さん』の「うやん」、『スター☆トゥインクルプリキュア』の「キラやば~っ☆」、『真夜中のオカルト公務員』の「おぱんちゅは」などが名を連ねた。 「ガジェット通信 アニメ流行語大賞 2019 上半期」上位ワード一覧金賞:お可愛いこと(かぐや様は告らせたい)銀賞:アァアアア年号がァ!!年号が変わっている!!(鬼滅の刃)銅賞:ケムリクサァ!(ケムリクサ)ノミネート・おうちへおかえり(けものフレンズ 2)・嘘である(かぐや様は告らせたい)・藤原書記(かぐや様は告らせたい)・マジカルスパンキング(魔法少女特殊戦あすか)・うやん(世話やきキツネの仙狐さん)・キラやば~っ☆(スター☆トゥインクルプリキュア)・おぱんちゅは(真夜中のオカルト公務員)・ホライズン同盟(みにとじ)・ペッシ ペッシ ペッシ ペッシよォ~~~~~ (ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風)・でぃっしゅ(さらざんまい)・欲望搾取(さらざんまい)・かっぱらったー!(さらざんまい)・ブッ友(なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA-)・煩悩(なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA-)・心臓ドクン(Fairy gone)・きれいなめぐみん(異世界かるてっと)・メロンソーダ(不機嫌なモノノケ庵 續)・ラッコ鍋(ゴールデンカムイ)・ナイスバード(ゾンビランドサガ)・まさお(ゾンビランドサガ)・カルタード(えんどろ~!)・メロンソーダ(不機嫌なモノノケ庵 續)・わっはっは 笑えば すごーい点とれる(ひとりぼっちの○○生活)・やあ(ブギーポップは笑わない)・うなぎ(ぱすてるメモリーズ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)