たった1人のスタッフにより作られた短編アニメ「絶望の怪物」が下北沢トリウッドで上映決定! | アニメ!アニメ!

漫画家のコタニジュンヤがたった1人で作りあげた30分の短編インディーズアニメ『絶望の怪物』が、東京・下北沢トリウッドでも急遽劇場公開されることが決定した。同作は、アニメの制作スタッフとして働いた経験もある漫画家のコタニジュンヤが1人で作り上げたオリジナルアニメーションだ。主人公は、自分と家族が醜い宇宙人の怪物だと知った中学生の星野葵(アオイ)。本編では、両親から知らず知らずのうちに与えられていた、人間になる薬がアオイにだけ段々と効かなくなっていく姿が描かれる。本作は今年6月に名古屋・大須シネマで公開され、アニメファンをざわつかせていた。東京での上映は、下北沢トリウッドにて7月6日~7月19日の期間で実施予定。自主制作アニメ「絶望の怪物」7月6日(土)より下北沢トリウッドにて上映決定!上映:2019年7月6日(土)~7月19日(金)※火曜定休<タイムテーブル>7/6(土)~12(金)土日17:30 平日18:107/13(土)~19(金)土日祝日19:00 平日16:40<料金>一律 1,000円<作品情報>『絶望の怪物』(2019年/30分)出演:麻言、香川理沙、小川隼、川嵜かおる、門倉智美、犬飼真志アニメーション制作:コタニジュンヤ音楽:AKIKO 音響効果:川田清貴 サウンドミキサー:咲良 英翻訳字幕:蔭山歩美(C)JUNYA KOTANI 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)