お父さんと一緒に観たいアニメは?「ガンダム」「ヤマト」往年の名作から現在放送中の最新作まで集結!【父の日】 | アニメ!アニメ!

6月の第3日曜日は「父の日」。2019年は6月16日です。お父さんに白いバラやネクタイなどを送って、感謝の気持ちを伝える日として知られています。アニメファンであれば、家族でも楽しめるタイトルもご存知ではないでしょうか? たまの休日にお父さんと一緒にアニメを観るのも一興です。またお父さん自身がアニメファンだという読者も多いでしょう。そこでアニメ!アニメ!では、「お父さんと一緒に観たいアニメは?」と題した読者アンケートを実施しました。6月4日から6月11日までのアンケート期間中に51人から回答を得ました。男女比は男性約30パーセント、女性約70パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約40パーセント、20代が約25パーセントと若年層が中心でした。母の日に実施した「お母さんと一緒に観たいアニメは?」ランキング結果も合わせてチェックしてみてください!▼「あの花」「さよ朝」と岡田麿里作品が人気強し!【母の日】▼https://animeanime.jp/article/2019/05/12/45401.html■「ガンダム」「ヤマト」など名作が上位に!今回のアンケートで最も票を集めたのは『機動戦士ガンダム』でした。「アムロVSシャアはいつ見ても名勝負だから」など、名シーンが多いことを理由に挙げるコメントが多く、「今でもタイミングがあれば一緒に見てます」と実際に楽しんでいる読者もいました。「ガンダム」はシリーズの数が多いため、お父さんの好みにマッチする作品もありそうです。「機動戦士ガンダム」(C)創通・サンライズ『宇宙戦艦ヤマト』については旧作だけでなく、新シリーズの『宇宙戦艦ヤマト 2199』を推すコメントも寄せられています。「父が好きなアニメだから」や「新旧の違いなど話せる」など、一緒に盛り上がれるところが魅力です。往年の名作アニメを選んだ読者が多く、そのほかにも『マジンガーZ』には「お父さん世代と共に原点のロボットアニメを一緒に見たいと思いました」といったコメントがありました。特定ジャンルのタイトルも人気。『勝負師伝説 哲也』は「親が麻雀好き」、『ヒカルの碁』は「亡くなった父が碁が好きだったので」と、『ハイキュー!!』は「バレーをしているので色々な視点から見れそう」、『DRIFTERS』は「歴史好きの父なので色々話せそう」と、一緒に楽しめる要素がある作品が選ばれています。「ハイキュー!!」(C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBSまた『ドラゴンボール』や『ジョジョの奇妙な冒険』など、「週刊少年ジャンプ」連載作品の強さも目立ちます。原作をすでに読んでいる作品であれば、アニメもより一層楽しめそうです。新作アニメでは『文豪ストレイドッグス』について「家族にまつわる話もあり、アクションも多いので楽しく見れると思ったから」や「家族では父だけがアニメに興味がないので、これを見たら絶対にハマると思う」とおすすめしたいファンも多いようです。1970年代から2010年代まで、約50年にわたるタイトルが揃う結果となりました。「文豪ストレイドッグス」(C)朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/2019文豪ストレイドッグス製作委員会■投票があった作品を紹介[お父さんと一緒に観たいアニメは?]『機動戦士ガンダム』『銀魂』『賢者の孫』『宇宙戦艦ヤマト』『ドラゴンボール』『おそ松さん』『文豪ストレイドッグス』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』『さらざんまい』『ジョジョの奇妙な冒険』『DRIFTERS』『ハイキュー!!』『パパだって、したい』『ヒカルの碁』『マジンガーZ』『ラブライブ!』『リトル・ニモ』『暗殺教室』『夏目友人帳』『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』『勝負師伝説 哲也』『深夜!天才バカボン』『美味しんぼ』(回答期間:2019年6月4日~6月11日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)