幸運な病のレシピ( 1323 )夜:砂肝揚げ、鳥レバーしぐれ煮、後にキムチ焼き肉と冷麺、果てしなく酒

https://masaya50.hatenadiary.jp/entry/2019/06/11/123902
砂肝は美味しい。
色々な調理方法にチャレンジしている。
スキな素材の一つだ。
前回やった時に上の部分と皮の部分を切り分けたら良かったので、今回もしてみた。

鳥のレバーは「しぐれ煮」がスキだ。
焼いても美味いのだが、中に赤みが残るので、じっくりと煮込むことが多い。

父のお風呂の日だったのでくたびれていたので汁は仕立て直しである。
それでも、様々な料理を用意できる。

=======================================
僕は正真正銘の2型糖尿病の患者。高血糖は食事に対する身体の当たり前の反応だ。そして、単なるマーカーでしかない。

「政治的に正しい皿の上の栄養学」が『ガンや、認知症、心疾患に循環器、壊疽に肺炎、透析に眼底網膜症、骨阻喪症にリュウマチ痛風膠原病に難病指定、薬で下がる検査値の異常(糖尿痛颶風高血圧に高脂血症)』食事の反映でしかない。

「今日の食事が死に方を決める、明日の食事が生き方を決める。」はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/20180414/1523734644

『炭水化物がいらない食卓』はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/20170819/1503096100

『幸運な病のレシピ 宣言』はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/20170815/1502790391

『幸運な病のレシピ』はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/searchdiary?word=%B9%AC%B1%BF%A4%CA%C9%C2%A4%CE%A5%EC%A5%B7%A5%D4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)