よしもとは今“アニメ”も熱い! 次世代のアニメ界を担うプロデューサーを募集中! | アニメ!アニメ!

吉本興業株式会社(以下、よしもと)といえば「お笑い芸人やタレントの所属事務所」をイメージする人がほとんどだろう。事実、漫才やお笑い、バラエティ番組などとは切っても切れない関係にある、日本のエンタテインメント産業の中核を担う企業と言って差し支えないのがよしもとだ。ではよしもととアニメの関係はどうだろう? 同じTV番組、エンタテインメントという括りではあるが、この両者が頭の中で即座に結びつく人はそう多くないのではないだろうか。そんなよしもとが今、”アニメプロデューサー”人材を募集している。何故よしもとがアニメプロデューサーを求めているのか? よしもとは一体何をしようとしているのか? 求める人材像は? そんな疑問を晴らすべく、アニメ!アニメ!編集部はアニメ×よしもとのキーマンである3人へのインタビューを敢行した。左:向清太郎、中央:山田貢、右:長崎行男株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の漫才コンビ「天津」の向清太郎(むかい・せいたろう、写真左、以下向)は自らアニソン×お笑いフェス「アニ×ワラ」のプロデュースを行う他、声優やライトノベル作家としても活動しており、よしもとの「そっち側の人」筆頭格のアニメ芸人だ。長崎行男(ながさき・ゆきお、写真右、以下長崎)は『ラブライブ!シリーズ』『プリティーリズムシリーズ』『KING OF PRISMシリーズ』など音や楽曲の魅力なしには語ることの出来ない数多のヒットアニメを手がける音響監督である。ゲームやアニメのディレクター、プロデューサーなどの経験も豊富で、アニメビジネスや業界を実践的かつ多角的に見ることのできる人物だ。株式会社よしもとプロダクツエンタテインメントアニメ事業センターの山田貢(やまだ・みつぐ、写真中央、以下山田)は同部門のセンター長であり、今回アニメプロデューサー募集をかけたその人である。今回この3人に「よしもとによるアニメプロデューサー募集」の背景と狙いについて話を伺った。[取材・構成=いしじまえいわ/撮影=小原聡太]■あのアニメも実はよしもと関連!? ――今日はよしもとによるアニメプロデューサー募集の狙いについてお話を伺おうと思います。まず、お三方がアニメにどういった形で携わられているのか教えてください。向僕は元々日常系のアニメや4コママンガが好きで、そこからそれを芸や活動に取り入れた、という流れですね。ジャンルとしてはやはり日常系に特化しているかなと思います。長崎僕は日常系はそんなにやってないですね。1、2本くらいかな?――日常系4コママンガ原作のアニメ『ブレンド・S』で音響監督を務められていますよね。長崎そうですね。 実はその『ブレンド・S』の最終回に、向さんに出演していただきました。声でなく顔だけでしたが。向パネルに入った僕の顔が最終回に出てくるんですよ。聞いてなかったんでリアタイ視聴してて自分が驚きました(笑)。ご厚意で出演させて頂いた上に打ち上げにも参加させていただきました。――アニメ×よしもとに長崎さんが関与されているのはどういった経緯なのでしょうか。山田長崎さんが音響監督を務められているHoneyWorksさんの映画『告白実行委員会~恋愛シリーズ~』に弊社関連会社(MCIP ホールディングス)が出資をしていまして、そういったご縁で業務提携を結ばせていただきました。弊社の運営する専門学校(沖縄ラフ&ピース専門学校)で講師をご担当いただき、今後よしもとが製作するアニメにも音響監督としてご協力いただく予定です。――多くのアニメ芸人の方々の活動だけでなく、アニメへの出資やクリエイター人材輩出のための専門学校運営など、よしもとは既にアニメ業界に深く関わっているんですね。→次のページ:よしもとのアニメに対する本気度「お客さんではない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)