【第81.5回】奥行きのあるラジオ~2019年冬アニメ終わったよ編・おかわり~ 【revisions】

「奥行きのあるラジオ」は主にアニメについての話をするラジオです。
テーマは引き続き「2019年冬アニメ」。
引き続いているタイミングにはどうにか間に合いました、
『revisions』のお話でございます。ヒーローは遅れてやってくる。

視聴が間に合っていれば、ランキングに多少の変動を及ぼしたであろう、全体的にしっかりとした作りのアニメでした。

男女混合の幼馴染という構図や、「かつてのあの日」に拘泥するところなんかで「あの花」を過ぎらせもしましたが、「そういう」エモーショナルに訴える話運びだったので、その点では気持ちよく展開に乗っていけました。

「主人公が現実にいたらクズなんだな」という言葉について『幼女戦記』の回で触れましたが、何者でもない自分を認めるところからようやく「主人公」が始まっていくような部分もあり、そこに至るまでの「嫌な感じ」のコントロールが絶妙でしたね。

●喋ってる人:鳴海

ご意見・ご感想はokuyuki.radio@gmail.comまで!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●3周年有料おまけ回販売中!
下記よりnoteにて購入できます!
https://note.mu/narumi_sasanaki/n/n751ad39f21a5
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【Twitter】鳴海:@narumi_sasanaki(https://twitter.com/narumi_sasanaki)
     ミヤ:@yFPr07Xox8H1J7f(https://twitter.com/yFPr07Xox8H1J7f)

【ハッシュタグ】「#奥行きのあるラジオ」で感想をつぶやこう!

#2019年冬アニメ #revisions

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)