練馬のアニメ講座「アニメ・アーカイブ入門~石神井公園ふるさと文化館の事例を交えて~」第2部

2019年3月9日、練馬のアニメ学講座 『アニメ・アーカイブ入門』が、練馬区立石神井公園ふるさと文化館で開催されました。
今回のテーマは、いまアニメーションの制作現場で大きな課題となっているアニメ・アーカイブ。
アニメーション作品が完成するまでに描かれる原画などの中間制作物や、キャラクターグッズなどの派生制作物を含め、1本の作品に対して膨大な数の「モノ」が生み出されます。
その膨大な「モノ」を、未来のためにどう残し、どう活用するのか。この問題を考え、実践するのがアニメ・アーカイブです。
今回の講座は、業界内でいち早くアニメ・アーカイブに取り組んでいるProduction I.Gのアーカイブグループ リーダー・山川道子さんに、アニメ・アーカイブの現在を入門的にお話しいただきました。
この講座の様子を、全3部に分けてご紹介します。
第2部は、「アニメ・アーカイブを取り巻く動き/石神井公園ふるさと文化館 収蔵資料の紹介」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)