【中華一番再現レシピ】転生春巻き作ってみました!

中華一番は最高の料理漫画

転生春巻の詳細について

史上最年少特級厨師である主人公・マオと、裏料理会と1人であり7つの包丁・七星刀を操るレオンは伝説の厨具の1つ、永霊刀をかけて料理勝負をする。
テーマ食材は、その大きさが主人公の背丈ほどある立派な真鯛。
1戦目は4品ずつ料理を作り勝負するも審査員より引き分けを言い渡されてしまう。
延長戦で勝負をつけようとするレオンだが、鯛は1匹しかない。しかし、
マオの見事な包丁さばきで骨の一本まで真っ二つにする。
最後の七星刀である氷でできた包丁、『北辰天狼刃』を繰り出すレオンに対し、マオは1戦目で使用したワイヤーのような鋼線包丁と無数の穴が空き自在曲がる『百穴包丁』を組み合わせ、さらにそれを熱した上で鯛の身を叩き一瞬でミンチ状にし旨味を閉じ込め過ぎ去った旬を再び復活させ、春巻きを作る。(一度死んでしまった旬が蘇ることから転生春巻。)
氷対熱。相反する包丁で挑む両者。勝負の結末は!?
裏料理会との戦いが激しさを増すコミック3巻は1997年8月12日発売!!
(著:やゆ吉)

素人なのでご容赦願いますが、ご指摘ありましたらコメント欄にてお受けしております!

Twitterフォロー&チャンネル登録お願いします!
◆Twitter→https://mobile.twitter.com/yayu_kitchen

撮影:iPhone7
編集:viva video
Cat:Michel & Choco
アイコンは自分で書いた自画像。かなり似てるとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)