テレビアニメの声優と思われる音声での「快速燭台切光忠号」E653系の車内放送

テレビアニメの声優と思われる音声での「快速燭台切光忠号」E653系の車内放送です。
かつて様々なドラマや演出を生んできた上野駅の13番線ホームに、エンドレール付近からホーム全域にかけて多数の乗客や撮影者の皆さんが集まっています。
その中心にあるのが羽越線特急いなほから常磐線に戻ってきたE653系国鉄色リニューアル車両で、臨時列車として快速燭台切光忠号として運行されます。
この燭台切光忠とは、歴史上の物語で登場する明宝のことで、テレビアニメの「刀剣乱舞-花丸」で注目されており、このアニメキャラクター好きのファン層と鉄道を撮影するファン層が早朝の上野駅13線ホームに大集結することになりました。
列車内には独特の客層の皆さんが乗車しており、列車の各所で醸し出されているテレビアニメの「刀剣乱舞-花丸」のロゴ類をあちこちで撮影しています。
デッキと客室の扉に加え、中央の廊下にアニメ関連のキャラクターが貼られており、壁面にある新B額面の広告ボードに加え、座席のシートカバーや座席上に吊り下がるちょうちんのような札も設置されています。
また車内放送は歴代の常磐線車両のチャイムが鳴った後に元フジテレビアナウンサーの堺正幸ではないテレビアニメのキャラクター声優と思われる音声で運行の案内がされています。
知的財産や著作物の権利の関係で、途中の放送を録音しないようにとの主張がありますが、上映される映画館等とは異なり録画や撮影を含めて人が自由に生活できる旅客列車の車内空間のことなので、この内容は法的には無効となり、他人様による集音を嫌うなら乗客の撮影中に不要な音を出すなという側の主張が優先されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)