インド現地でのチキンと炊き込みご飯 ビリヤニのレシピ 簡単 おすすめ インド おいしい

「今日は、ビリヤニってどういうお料理なのか、どれだけ奥深いのかを教えて欲しくてやってきました!」
ビリヤニとは、インドやその周辺国で食べられているスパイスとお肉の炊き込みご飯です。またパエリア、松茸ご飯と並び世界三大炊き込みご飯の1つと称されています。

インドのおいてビリヤニは、イスラム教徒の結婚式でお祝いの食事とされているだけではなく、屋台で日常的に食べることもでき、まさに国民食として幅広く愛されています。
材料 2 人分
お米2合
鶏もも肉1/2枚
玉ネギ1/2個
サラダ油大さじ2
バター有塩 10g
スパイスA

黒コショウ 粒4粒
ベイリーフ2枚
赤唐辛子1本
クローブ 粒2粒
カルダモン 粒 2粒
スパイスB

コリアンダーパウダー小さじ1/2
クミンパウダー小さじ1/4
ターメリックパウダー小さじ1/2弱
チリペッパー小さじ1/4
ガラムマサラ小さじ1/2
塩小さじ3/4~1

インドでもビリヤニの明確な定義はありませんが、日本ビリヤニ協会は下記の条件を満たしたものをビリヤニと認めています。

・インドの高級米「バスマティ」を使用していること。

・フライパンで炒めておらず、「パッキ、カッチ、生米(ヒンドゥー式)」のいずれかの作り方を用いていること。

・2種類以上のスパイスを使用していること。

・イスラム教の教えにのっとり、お肉を使用する場合は「豚肉」以外であること。

最後まで見て頂きありがとうございます。
チャンネル登録お願い致します。
宜しくお願い致します。
Rachna

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)