幸運な病のレシピ( 965 )夜:唐揚げ一式(鳥、レバ、小丸ジャガイモ、市販品イカリング)、汁

https://masaya50.hatenadiary.jp/entry/2019/01/30/164338
「唐揚げの衣」は気をつけなければならないとよく言われる。
なぜかというと、「他店との競争」のために食べて美味しいものを添加されているのだ。全世界的な唐揚げチェーンの唐揚げはうまい。その代わり血糖値ドカンである。確かに、ひとつ食べただけで満腹になるのはやっぱおかしい。
僕の食事ではあのくらいの鳥を食べても満腹にはならない。鳥ではなく「競争に勝つために添加されている炭水化物」が只者ではないのだ。美味しいし、やめられなくなる。炭水化物はコスト安く満腹になるし、誰も文句言わないのだ。
コンビニの唐揚げで一回200を超えたことがある。お店で販売している揚げ物は激戦区で生き残りをかけている。
炭水化物は毒ではない。あまりに美味しくて満腹のコストが安いから食卓から「身体というコロニー」に必要な「生命=代謝物の水溶液で医学の分析しきれない代謝物をぐくんだ水溶液」を追い出してしまうのだ。

自分であげるとそんなには血糖値は上がらない。何よりもばくばく食いたいと思わない。
他の彩りを食べる方が美味しい。

しかし、あのお店の「腰(サイ=thigh)」はうまいよね。僕は一番好きだ。骨身もみんな食えて嬉しい。
夏服に変わった日の早朝に出会う爽やかな風のようだ(え!)。
もう少しべたついていると思うのですが…..。

もう少し仕事したら、唐揚げにビール飲んで寝よう。
やっぱ、そうなるよね。

=======================================
僕は正真正銘の2型糖尿病の患者。高血糖は食事に対する身体の当たり前の反応だ。そして、単なるマーカーでしかない。生活習慣病(ガン、認知症、脳溢血)は食事の反映でしかない。僕のマーカー(血糖値)が正常な食事は生活習慣病から自由になる食事。

「今日の食事が死に方を決める、明日の食事が生き方を決める。」はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/20180414/1523734644

『炭水化物がいらない食卓』はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/20170819/1503096100

『幸運な病のレシピ 宣言』はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/20170815/1502790391

『幸運な病のレシピ』はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/searchdiary?word=%B9%AC%B1%BF%A4%CA%C9%C2%A4%CE%A5%EC%A5%B7%A5%D4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)