羽生、右足首ひねり練習切り上げるアクシデント 問いかけには「大丈夫」

フィギュアスケートの羽生結弦(23=ANA)が17日、GPシリーズ第5戦ロシア杯の公式練習で右足首を捻り、練習を途中で切り上げるアクシデントに見舞われた。

 この日行われるフリーの曲かけ練習中の冒頭で跳んだ4回転ループで転倒。着地の際に右足首をひねり、そのままうずくまった。その場から起き上がると、考えごとをしながらリンクを数周し、曲が流れている最中に練習を切り上げた。会場を後にする際には右足首を引きずりながらバスに乗り込んだ。患部にはアイシングを施していた。報道陣には「お疲れ様です。ありがとうございました」と語り、足の状態の問いかけには「大丈夫です」とだけ言葉を残した。

 前日16日の男子ショートプログラム(SP)では、ルール改正後の世界最高得点を更新する110・53点をマークし、首位発進していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)