「阿佐ヶ谷アニメストリート」の営業終了発表 – めるも

東京・阿佐ヶ谷の「阿佐ヶ谷アニメストリート」は11月1日、2019年2月28日をもって営業終了すると発表した。「阿佐ヶ谷アニメストリート」は2014年3月、JR阿佐ヶ谷駅と高円寺駅の間にある高架下を利用する形でオープン。カフェや専門学校、グッズショップ、コスプレ専門店などが軒を連ねた。阿佐ヶ谷を含む杉並区はアニメ制作会社が多いことや、近隣の中野ブロードウェイとの相乗効果なども期待されたが、開業当初より客足が伸びず、次第に空きテナントが目立つように。地元住民からも「もっとテナント誘致ガンバレ」「テコ入れする気はないのか」「やる気ないなら他の業態に転換を」「トイレは利用価値がある」など、厳しい声がしばしば出ていた。現在は声優カフェ「SHIROBACO」、アニメコラボカフェ「GoFa LABO」、妖怪ショップ「大怪店」、ガチャガチャ屋「阿佐ヶ谷駐屯地別館」などが入居している。公式サイトの発表によると、営業終了の理由は「5年間の定期借地契約終了」のため。商店街全体は2019年2月28日で終了するが、一部店舗は12月末で閉店するという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)