女子駅伝でアクシデント、四つんばいで前進しタスキを繋ぐ

全日本実業団対抗女子駅伝予選会で、岩谷産業の第2区・19歳の飯田怜選手が残り約200メートルで走ることができなくなり、両膝を付き、四つんばいで第2中継所の勝浦浜を目指すアクシデントがあった。
引用元:https://snjpn.net/archives/74290

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)