7Rで4艇がフライングを切るアクシデントがあった。5枠の森高一真が前付けにきて、2枠の村越篤が抵抗。251・346の進入となった。深い進入でのスタート合戦は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、

7Rで4艇がフライングを切るアクシデントがあった。5枠の森高一真が前付けにきて、2枠の村越篤が抵抗。251・346の進入となった。深い進入でのスタート合戦は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。:
https://www.nikkansports.com/public_race/news/201808100000703.html.

見ていただきありがとうございます。より多くの動画を購読してください:
https://www.youtube.com/channel/UClTabxx0KAmvhaaZzFJsyJg?sub_confirmation=1
  7Rで4艇がフライングを切るアクシデントがあった。5枠の森高一真が前付けにきて、2枠の村越篤が抵抗。251・346の進入となった。深い進入でのスタート合戦は、大熊辰弥がコンマ08、村越篤がコンマ06と非常識のFで即日帰郷。原村拓也がコンマ04、森高一真もコンマ02の勇み足で賞典除外となった。特に、次節にSGメモリアルを控える森高にとっては痛恨のFとなった。
#7Rで4艇がフライングを切るアクシデントがあった5枠の森高一真が前付けにきて、2枠の村越篤が抵抗251・346の進入となった深い進入でのスタート合戦は…日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports, #com)
#ボート, #森高一真, #日刊スポーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)