Tome文芸館 アニメ新聞

声の出演:はる 脚本・音響・映像:Tome館長 
はるさんが演じてくださった! http://haru123fu.exblog.jp/

BGM:H/MIX GALLERY 秋山裕和「三番街のボス猫」 http://www.hmix.net/
動画素材:NHKクリエイティブ・ライブラリー http://www.nhk.or.jp/archives/creative/

【 アニメ新聞 】
https://poetome.exblog.jp/28432935/

兄が就職するという。
職場へ一緒についてゆく。

どうやら新聞販売店のようだ。
新聞配達の若者が元気に出入りしている。

彼らと一緒に兄も出発してしまった。

私は部外者である。
新聞を配達するつもりはない。

とりあえず店の中に入ることにする。

外れて倒れそうな出入り口の引き戸を
しっかり取り外して壁に立てかける。

アルバイトの若者が床にしゃがんで
広告チラシを次々と新聞に折り込んでいた。

ご苦労なことである。
私は新聞を購読していない。

ここの店主らしき男が近づいてきた。

彼ともう一人の共同経営者らしき男は
私の近くにあった段ボール箱に興味を持つ。

「この中を見てもいいかね?」
私と兄が持参した荷物だ。

「どうぞどうぞ」
私は期待してしまう。

私が考案した品物が入っている。
アニメキャラの衣類とか、そんなの。

店主はメガネをかけた白髪の老人。
有名なアニメ映画の監督にそっくりだ。

【 Anime Newspaper 】

My older brother seems to get a job.
I go to the work together.

Apparently it seems to be a news store.
The youngsters of the newspaper deliberately come in and out.

My brother also departed with them.

I am an outsider.
I do not plan to deliver the newspaper.

I’ll decide to enter the store for the time being.

I firmly remove the sliding door of the entrance
which seems to fall off, and stands against the wall.

A young man at part-time work crouching down on the floor
and folding advertisement leaflets
into newspaper one after another.

It is a hard work.
I have not subscribed to the newspaper.

A man who looks like a shopkeeper approaches here.

He seems to be another co-owner is interested
in a cardboard box near me.

“Can I see this inside?”
It is my bag and the one my brother brought.

“Please do.”
I expect it.

Among them are the items I invented.
It is such clothes of anime characters, such a thing.

The shopkeeper is an old man
with gray hair wearing eyeglasses.

It looks just like a famous anime movie director.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)