✪トロロッソ・ホンダF1密着:アクシデントにギャンブル失敗、フランスGPは厳しい結果に

ミキ 漫才 2018: https://goo.gl/Mk9Tua
✪トロロッソ・ホンダF1密着:アクシデントにギャンブル失敗、フランスGPは厳しい結果に
トロロッソ・ホンダにとって初めてのフランスGPは、スタート直後にアクシデントに巻き込まれるという波乱の幕開けとなった。14番手からスタートしたピエール・ガスリーが3コーナーでエステバン・オコンと接触。マシンに大きなダメージを負ってコースサイドに止まったガスリーはそのままリタイアとなった。 「3つのコーナーを走っただけで、レースを終えるほど悔しいものはない。しかも、母国グランプリでね。3コーナーでオコンをオーバーテイクしようとしたけど、ブレーキングで彼が突然インを閉めてきたため、僕にはどうすることもできなかった。フランスGPでフランス人同士が接触を起こしてしまい、いまはまだ心の整理がついていない」 これでブレンドン・ハートレーの1台だけになってしまったトロロッソ・ホンダ。ウルトラソフトを履いてスタートしたハートレーとチームは、事前に早いタイミングでピットインする作戦を選択肢のひとつに入れていた。 「ハートレーはパワーユニットの交換によってペナルティを受けて最後尾グリッドになり、予選で自分よりもペースが遅いマシンの後ろからレースをスタートすることになりました。そのため、その遅いマシンに引っ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)